雨を凌ぐ

雨を完全に遮断しようとすると、こもった汗に濡れて不快な思いをするという矛盾が生じてしまいます。それならば風通しを良くして汗の蒸れを軽減したほうが快適ではないでしょうか?防ぐのではなく凌ぐという考えの、雨に対してほんの少し寛容なデザインのレインウェアです。

全商品を見る

フッタリヤンダリ

降ったり止んだり 止んだと思ったらまた降ってくる雨。その繰り返し

品番       :RS1157

本体価格:¥26,000

税込価格:¥28,600

素材       :PERTEX SHIELD 15dnナイロン、2.5層

組成       :ナイロン100%(ポリウレタンコーティング)

サイズ    :XS-XL(ユニセックス)

重量       :171g

原産国    :日本

 

仕様:

  • ・シームテープによる目止め加工
  • ・レインコートとポンチョをミックスしたデザイン
  • ・フードなしのスタンドカラー
  • ・バックパックの上から着ることができる
  • ・肘~脇の下~身頃脇を開放
  • ・雨風から首元を保護する深めの襟元
  • ・着物スリーブ
  • ・2ウェイYKK止水フロントジッパー
  • ・穿けるカッパ
  • ・余裕のある肩巾
  • ・袖先ストレッチ
  • ・手甲ループ

 

思いと創造

フードがないスタンドカラーのデザインは決して奇をてらったわけではなく、フードを被った時のノイズ、蒸れ、視界の悪さを解消するための意味のあるデザインであり、レインハットや撥水の効いたハットを被れば雨を凌ぐことができるという凌ならではの提案です。完全な防水性を求めるのではなく、少しくらい濡れてもこの方が快適にシノギングできるという、まさに雨を凌ぐためのアイテムです。

 

着心地

フードの無いデザインですが、シノギングのフィールドであればレインハトを合わせれば十分雨を凌ぐ事ができます。肘の上から脇、そして裾までの広範囲が開放されているので効果的にベンチレーションが得られます。それでも暑い時には肘から腕を出してしまえばクールダウンできます。上下から開くフロントファスナーを下から開ければ、首まわりを雨から守ったままでインナーのシャツのポケットやヤマバッグにアクセスでき、ベンチレーションとしても機能します。長いフロントファスナーはパンツのように穿いたり脱いだりできるので便利です。

 

着こなし

降ったり止んだりのいやらしい雨の時には背面をバックパックに被せてポンチョスタイルで雨を凌ぎましょう。風を伴う雨や本降りの雨はフッタリヤンダリの上にバックパックを背負いましょう。そして、前面と背面の生地を脇で重ねバックパックのヒップベルトで固定して防水効果を高めましょう。ヒップベルトがないバックパックの場合には、脇のループに細引きなどを取り付けて縛れば同じ様に防水効果を高めることができます。風雨の状況によってはツユハラヒを合わせてプロテクションをコントロールしましょう。また、後ろ前に着て雨を凌ぐという裏技もあるので試してみて下さい。

 

素材の特長

どことなく和の印象が漂う独特なリップストップナイロンに、耐水圧10,000mm、透湿量7,000g/㎡/dayの防水透湿コーティングを施した2.5層構造の素材を使用しています。2.5層の素材は3層素材のように雨や汗を吸収する生地が裏面に存在しないのでその分早く乾きます。防風性と撥水性も備えているので風にも強く雨や汚れを弾きます。

 

サイズ一覧(単位:cm)

XS : 着丈109袖丈53 肩巾62 身巾48 後ろ裾巾72

S : 着丈114 袖丈54 肩巾66 身巾52 後ろ裾巾76

M : 着丈119 袖丈55 肩巾70 身巾56 後ろ裾巾80

L : 着丈124 袖丈56 肩巾74 身巾60 後ろ裾巾84

XL : 着丈129 袖丈57 肩巾78 身巾64 後ろ裾巾88

お取扱店舗

AXESQUIN 神田honke 東京都千代田区内神田3-16-5双進ビル4F [MAP]03-3258-6211

通信販売について

アクシーズクインでは、私どもの製品を小売店さんで購入していただくのがベストだと考えます。 通信販売でなんでも手に入る現代ですが、できるだけお店に出かけてほしいと存じます。

店主の思い入れの込められた雰囲気の良いお店に足を運び、店主やスタッフのわかりやすい商品説明や、ときにはお店に居合わせた他のお客さんも一緒に、山と道具のよもやま話などを楽しみながら買い物をする。そんな楽しい時間をどうぞ大切にしていただきたいと思っています。

残念ながら近所に取扱のお店がないなどの理由で、やむをえず通販に頼らざるを得ない方々への対応策として、当サイトにも最低限の通信販売の機能を設けています。全ての製品を購入できるようにするという目的のための機能ではないため、通信販売の機能としては不十分なところもあり、ご不便をおかけすることもあるかもしれませんが、何卒ご容赦の上ご利用いただけますよう、お願い申しあげます。